Luísa Sonza(ルイーザ・ソンザ)とは、誰?

Luisa Sonzaのバイオグラフィーアーティスト紹介
スポンサーリンク

ブラジルの次世代のポップスター

Embed from Getty Images

ブラジルの次世代のポップスター、Luísa Sonza(ルイーザ・ソンザ)。

2023年8月にリリースされた3枚目アルバム、”Escândalo Íntimo“(イスカンダロ・インチモ)が大ヒットしており、Spotify Brazilでは、リリース当日のストリーミング数で史上最多記録を更新しました。

この記事では、ルイーザソンザのバイオグラフィー2022年までたどりながら、ヒットした代表曲や、彼女の魅力を知ることができる曲を紹介していきます。

なお、2023年3枚目アルバムについては、こちらの記事をご覧ください。

YouTubeからデビュー

Luísa Sonza(ルイーザ・ソンザ)は、ブラジル南部リオグランデ・ド・スル出身で、1998年7月18日に生まれました。

子供のころから歌の才能を見出されていたようで、近所のお祭りや結婚式、ミサなどで歌っていたそうです。

やがてアコースティック・ギターを片手に弾き語りするようになり、有名な曲のカバーを自撮りし、インスタグラムYouTubeにアップするようになります。

その頃の動画です↓

Luísa Sonza – Blackbird (Cover The Beatles)

今のルイーザとは雰囲気も音楽性も全然違って、驚かされますよね。デビュー前の2016年の映像で、The Beatles(ビートルズ)の名曲、”Blackbird“(ブラックバード)のカバーです。

ルイーザは影響を受けたアーティストとして、イギリスのThe Beatles、ブラジルの「ロックの女王」Rita Lee(ヒタ・リー)、そしてアメリカのRihanna(リアーナ)の名前を挙げており、そういった音楽的なルーツを知る上でも貴重な映像だと思います。

ここに貼ったようなYouTubeの動画が注目され、2017年にはユニバーサル・ミュージック・ブラジルと契約し、デビューを果たしました。

Luísa Sonza – Olhos Castanhos

Olhos Castanhos“(オーリョス・カスターニョス、「茶色の瞳」)は、デビュー直後の音源で、EPLuísa Sonza“の収録曲です。当時の恋人で、のちに結婚することになる、超人気ユーチューバーWhindersson Nunes(ウィンデルソン・ヌニス)に捧げられた曲だと言われています。

個人的な印象として、この頃の音源を聴くかぎりでは、ルイーザは「第二のSandy(サンディ)」のようなポップスターになる可能性もあったのではないか、という気がします。

でも、ルイーザが歩んだのは、Anitta(アニッタ)のようなセクシー路線でした。そして、セクシーなポップスの新星として大ヒットしていきます。

路線変更

現在、ルイーザ・ソンザといえば、あからさまに性的な歌詞と、セクシーなダンスやミュージックビデオで有名です。この路線変更を決定づけたのが、次に紹介する曲のヒットでした。

Luísa Sonza – Devagarinho

2018年にリリースされたこのシングル、”Devagarinho“(ジヴァガリーニョ)は、Spotify BrazilでTop50に入る快進撃を見せます。

そして、ちょうど同じ年、ルイーザ・ソンザは先ほども名前が出たWhindersson Nunes(ウィンデルソン・ヌニス)と結婚2020年離婚)。公私ともにブラジル中の注目を集めることになりました。

1枚目アルバム、”Pandora”

2019年には、1枚目スタジオ・アルバム、”Pandora“(パンドラ)をリリース。このアルバムから2曲を紹介します。

“Garupa”

Luísa Sonza, Pabllo Vittar – Garupa

Garupa“(ガルーパ)は、ドラァグ・クイーンの歌手、Pabllo Vittar(パブロ・ヴィター)とのコラボ曲です。

当時はブラジルにパブロ旋風がふいており(個人的な印象です)、そのパブロが参加した曲ということで、私もこの曲からルイーザ・ソンザに注目するようになりました。

“Bomba Relógio”

Luísa Sonza, Vitão – Bomba Relógio

ポップスのシンガーソングライター、Vitão(ヴィタゥン)とのコラボ曲。

ルイーザとヴィタゥンは、このコラボからしばらくして、2020年ごろ一時的に付き合うことになります。

アーティスト同士の恋って、そこから新しい歌が生まれたりするので、リスナーとしても気になりますよね。ところが、ルイーザとヴィタゥンの恋愛関係は、ネット上であまり歓迎されなかったようです。

もともとルイーザは、人気ユーチューバーとの結婚が「カネ目当て」だとバッシングされていたようで、そんな中での離婚、そしてかつてのコラボ相手と恋は、SNSで激しく批判されることになりました。こうしたバッシングから受けた心の傷が、ルイーザの音楽制作にも影響を与えていくことになったそうです。

シングル、”BRABA”の大ヒット

Luísa Sonza – BRABA

パンデミックの2020年3月にリリースされたシングル曲、”Braba“(ブラーバ)は、Spotifyブラジルで、ポップスとしては異例の1位を獲得し、大ヒットしました。

ストリッパーに扮したセクシーなミュージックビデオやダンス、そして性的な歌詞。音楽的には、ブレガファンキファンキBPB150を取り込んでおり、2020年のブラジルポップスを象徴する一曲でもあります。ルイーザのキャリアの中でも、特に重要な一曲です。

2枚目アルバム、”Doce 22″

2021年7月には、2枚目アルバムDoce 22“(ドーシ・ヴィンチドイス)をリリース。このアルバムにまつわる曲を、4曲紹介します。

“MODO TURBO”

Luísa Sonza, Pabllo Vittar, Anitta – MODO TURBO (Clipe Oficial)

MODO TURBO“(モード・トゥルボ)は、ブラジルのトップスターAnitta(アニッタ)と、先ほども出てきた大人気のドラァグ・クイーンPabllo Vittar(パブロ・ヴィター)をゲストにむかえた超豪華コラボ曲。

ミュージックビデオも必見です。3人が廃墟のゲームセンターでVRのゲームの世界に入り、トゥワーク・バトル(?)をする、というストーリーで、VRの世界観は日本をイメージしていると思われます。

“melhor sozinha :-)-:”

アルバム”Doce 22“の収録曲を、セルタネージョ歌手Marília Mendonça(マリリア・メンドンサ)とデュエットした音源も必聴です。

Luísa Sonza, Marília Mendonça – melhor sozinha :-)-: (Visualizer)

人気絶頂だったマリリア・メンドンサは、2021年11月5日、飛行機事故で命を落としました。その数か月前にリリースされたこの音源は、マリリアメンドンサという歌手の懐の深さ、そしてルイーザの歌の器用さがよく表れている、すばらしいコラボだと思います。

“ANACONDA o ~~~”

次のミュージックビデオには、蛇が出てきます。苦手な方は閲覧注意です!

Luísa Sonza, Mariah Angeliq – ANACONDA o ~~~

Doce 22“収録曲。MVでルイーザは大量の蛇とたわむれています──。

こういう「蛇モノ」って、ブリトニー(VMAs 2001)やアニッタ(“Veneno”のMV)も通ってきた道とはいえ、見ていて心配で、「嫌なことは嫌、って断って!」と思ってしまいますよね──。その一方で、こういった仕事も完璧にこなす「プロとしての根性」も感じ、本当に尊敬します。

“Lud Session”

”Doce22”の曲を演奏しているライブ音源として、Ludmilla(ルジミーラ)とコラボした2022年の”Lud Session“(ルジ・セッション)も良いです。

Lud Session feat. Luísa Sonza (Live)

Lud Session“は、ルジミーラがゲストをむかえ、バラードの「歌合戦」みたいなことをやる企画。

ルイーザはこのライブセッションで、アルバム”Doce 22″収録の”penhasco.”(ペニャスコ)と”CAFÉ DA MANHÓ(カフェ・ダ・マニャン)を披露しています。歌唱力もカリスマ性も圧倒的で、今のところ”Lud Session”の最高傑作ではないかと思います。

ルイーザの魅力を知るための、シングル曲

ここまで、時系列でルイーザソンザの主要な音源を紹介してきました。

ここからは、リリース年が前後しますが、ルイーザの「幅の広さ」が分かるシングル曲を見ていきましょう。

“Não Vai Embora”

Dilsinho & Luísa Sonza – Não Vai Embora

2020年5月リリースされた”Não Vai Embora“(ナン・ヴァイ・エンボーラ)は、Dilsinho(ジウシーニョ)とコラボした曲です。ジャンルでいうと、「パゴージ・ホマンチコ」という「サンバ風ポップス」に分類されます。しっとりした曲を歌うルイーザの歌声を堪能できる良曲です。

“Atenção”

PEDRO SAMPAIO, Luísa Sonza – ATENÇÃO

2021年5月リリースされた”Atenção“(アテンサゥン)は、Pedro Sampaio(ペドロ・サンパイオ)とのコラボ。とにかくテンションをアゲていくスタイルの、最高のポップチューンです。ハリウッド映画『チャーリーとチョコレート工場』に着想を得たMVも面白いですよね。ルイーザのキッチュでキュートな衣装と「尻芸」も強烈です。そしてこの曲、ちょっとボリウッドっぽいと思うのは私だけでしょうか。

“Coração Cigano”

Luan Santana – CORAÇÃO CIGANO feat Luísa Sonza (LUAN CITY)

2022年8月リリースの”Coração Cigano“(コラソン・シガーノ)では、セルタネージョ(ブラジルのカントリー・ミュージック)のスター歌手、Luan Santana(ルアン・サンタナ)とのデュエットが聴けます。

ルアン・サンタナは、オペラ歌手のような声量とカリスマ性があり、共演者がかすんでしまうという意味で、共演者泣かせでもあります。実際、デビューして間もないルイーザがコラボしたときの音源では、曲自体の構成やミックスのせいもあって、ルイーザの存在感がちょと薄く感じます↓

Luísa Sonza – Não Preciso De Você Pra Nada ft. Luan Santana

このふたつの音源と比べてみると、ルイーザ・ソンザが、この数年でいかに歌唱力を磨いてきたか、よく分かるのではないでしょうか。

ルイーザの魅力

ここまでお読みいただきありがとうございます。2022年までのルイーザの軌跡をたどる記事も、これで終わりです。2023年3枚目アルバムについては、キャリアの中でも特に重要なすばらしい作品なので、別記事にまとめました。是非あわせてお読みいただけると幸いです。

最後に、ルイーザ・ソンザの魅力をちょとだけ語らせてください。

ルイーザの魅力は、一言で表現すると、「さらけだしている感じ」です。セクシーな衣装やダンスだけでなく、歌やパフォーマンスで内側のエネルギーをすべて外側に開放させているような、隠すところのない、全部ぶちまけている感じ。そんな「さらけだし感」、「爆発している感」が、他のアーティストと比べても圧倒的だと思います。

過激すぎるとも言われるダンスやMVも、その「ふりきった感じ」が見ていて爽快です。蛇だろうがなんだろうが、なんでも受け入れて撮影をやりきる度胸もすごいですよね。そういった修羅場の場数を踏むことで、表現力にも磨きがかかっているのかもしれません。もちろん、あまり無理はしてほしくないですが──。

歳を重ねるごとに、ますますパワーアップしているルイーザソンザ。2023年12月には、Netflixドキュメンタリー番組が公開予定です。日本でも視聴できるようになることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました